Skip to content

Monthly Archives: 4月 2016

ガソリンの給油がお得になった

私は以前車通勤をしていた時、クレジットカードがかなり役に立ちました。職場が遠かったこともあり、かなりの頻度でガソリンを入れていました。クレジットカードがあったおかげで、わざわざ現金を用意しなくてもすぐにガソリンを入れることがありました。また、カード会員になると通常よりも値引き価格でガソリンを入れることができるので、それもかなりお得になりました。ガソリンを入れる量が多くなればなるほど、単価が高いのが気になってしまいます。特に冬はスタッドレスタイヤと暖房で、かなりガソリンの減る量が増えてしまいます。私が乗っていた車は燃費があまり良くなかったので、なおさらガソリン価格は気になるところでした。車を常時運転する人にとっては、クレジットカードは非常に便利なものです。

クレジットカード決済に慣れ過ぎて失敗した経験

田舎に住んでいるので、ネットショッピングのサービスは本当に助かります。昨今はほとんどの買い物やサービスの支払いでクレジットカードが使えますので、ついそれに慣れきってしまい、他の決済方法のことを考えずに失敗した経験があります。それはある大手ショッピングサイトで買い物をしていた時の事。サイトのポイントがだいぶたまっていたので、それを使って商品を買うつもりだったのですが、あまり意識せずに買い物手続きを進めてしまい、差額分の支払いをクレジットカードではなく、うっかり「銀行振り込み」にしてしまっていました。しばらくしてからそのミスに気付いたのですが、仕事の関連で銀行やコンビニに赴くこともなかなかできず、支払い期限が迫ったので仕方なくお店に連絡し、いったんキャンセルしてもらったのです。私も二度手間でしたし、お店にも迷惑をかけて申し訳ない思いでした。クレジットカードが主流になっているから、と油断せずに、きちんと支払い手段のところで毎回確認しないといけないな、と大反省しました。

海外旅行や出張に有利なクレジットカード

クレジットカード選択においてポイント還元率の数値は重要であり、この数値でカード決定する方は多いです。もちろん数値だけで判断すると想像とは違ったという事もあり、大きな数値設定が適用される為には年間に何円以上使うとか、ポイント交換出来る条件が厳しい等によって、結局有利に使えない事もあります。生活スタイルによってカードを決める事は重要であり、例えば還元が低い数値でも海外旅行や出張を行う事が頻繁にあれば、付帯サービスで保険や空港ラウンジ利用で有利なカードを持った方が遥かに有利に働くものです。飛行機利用でマイルが貯まったり、保険適用されたり、こうした飛行機利用が多いタイプの方は、還元率数値だけではなく、付帯サービスに着目して選ぶ方が有利になります。